banner

糖尿病を予防するローヤルゼリーの効果とは

1.ローヤルゼリーは糖尿病の予防に効果がある?

糖尿病の種類は大きく2つに分けられ、日本人の糖尿病患者の9割以上は2型糖尿病とされています。
現在は食の欧米化が進み、糖尿病予備軍と呼ばれる高血糖に誰もがなり得る環境にあるといえます。
様々な症状に効果を発揮するローヤルゼリーは、糖尿病にもよい効果をもたらしてくれます。
その効果にはどんなものがあるのか、みていきましょう。

1-1.糖尿病とは
糖尿病とは、血糖値が必要以上に上昇する病気です。
一時的に血糖値が高いからといってすぐに糖尿病とはいえず、継続的に高い状態が続く場合に糖尿病と診断されます。
この糖尿病を理解するために、まずは血糖値について知っておきましょう。
私たちが食べ物から摂取した糖質は、血液を通り全身へ送られます。
そして脳や内臓、筋肉などに取り込まれ、エネルギーを作り出しています。
この血液中に含まれる糖質を「血糖」と呼び、日常生活で必要なエネルギーを作り出す重要な役割を持っているのです。
血糖の量(血糖値)は食事をすると増え、1~2時間で減少していきます。
そのため、たとえ一時的に高い状態になっても、通常はまた正常な値にまで落ち着きます。
ところが血糖値をコントロールしているインスリンの働きが弱まると、血糖値を下げることができなくなり、高血糖の状態になってしまうのです。
この高血糖が続く状態はインスリン抵抗性と呼ばれ、糖尿病の予備軍とされています。
インスリン抵抗性が進行すると、空腹時でも高血糖の状態が続き、やがて糖尿病を発症します。
また、血管が収縮することで動脈硬化が進行し、脳梗塞や心疾患などの生活習慣病を発症する危険性も高まります。
高血糖の状態であっても、初期段階では目立った症状はありません。
そのため、糖尿病を発症する前の段階で高血糖に気付き、予防を心掛けるのが重要です。

1-2.糖尿病の原因
糖尿病は主に食生活の乱れが大きな原因となって発症します。
血糖値を下げるインスリンの分泌量は、日本人の場合は欧米人に比べて多くありません。
そのため、欧米人と同じような食事をしているとインスリンが血糖を処理しきれなくなり、糖尿病を発症しやすくなるのです。
また、運動不足は糖の代謝を低下させてしまいます。
さらに、ストレスが続く状態も血糖値を上昇させるホルモンの分泌量を増加させます。
つまり、糖尿病の予防にはストレスを溜めず、運動不足を解消しながらバランスよく栄養補給していくのが重要なのです。

2.ローヤルゼリーの豊富な栄養素が糖尿病を予防

すい臓から分泌されるインスリンは、血糖値を下げる作用のある唯一の物質です。
つまり、糖尿病の予防にはインスリンのコントロールが必要です。
ローヤルゼリーに含まれる栄養素は、インスリンの分泌や作用を高めるために、様々な方向から働きかけてくれます。

2-1.ローヤルゼリーの糖尿病予防効果とは
インスリンはすい臓から分泌されているのですが、過剰に分泌されるとすい臓に負担がかかり、分泌量が減少してしまいます。
ローヤルゼリーに含まれる特有成分のデセン酸は、インスリンと同じような働きを持つ、インスリン様物質として作用して、不足したインスリンの働きを補ってくれます。
また、過剰な分泌によって減少したインスリンは、ビタミンB6とローヤルゼリーに最も多く含まれるアミノ酸が原料となって合成され、再び分泌量を増加させます。
このとき、ミネラルのひとつ、亜鉛もインスリンの合成に関わっています。
亜鉛は原料としてだけではなく、糖尿病による合併症の予防にも効果を発揮します。
高血糖になると、体内で活性酸素が増加して細胞を酸化させてしまいます。
酸化とは、いわゆる身体の老化のことです。
糖尿病患者はその影響を受けやすい状態にあり、特に日々紫外線にさらされる目に障害があらわれやすくなります。
亜鉛は活性酸素を除去する抗酸化物質、SODと呼ばれる酵素の原料としても使われています。
この働きで体内の酸化を防いでくれるのですが、亜鉛が不足するとインスリンの合成までまわらなくなってしまいます。
すると血糖値そのものを下げられなくなってしまうので、亜鉛も不足しないように、ローヤルゼリーから効率よく補うのが効果的です。
インスリンの分泌にはもうひとつのミネラル、カルシウムの働きも重要です。
カルシウムは骨や歯の原料として知られていますが、インスリンを分泌させる引き金となる役割も持っています。
そのため、カルシウムが不足するとインスリンが分泌されなくなり、血糖値が下がらなくなってしまいます。
カルシウムは以前から糖尿病患者の治療に用いられてきた成分です。
高血糖の状態で摂取すると、インスリン抵抗性の改善に期待できます。

2-2.実証されているローヤルゼリーの糖尿病への効果
岡山大学らが2型糖尿病患者を対象に、ローヤルゼリーのインスリン抵抗性への効果を調べる実験を行いました。
インスリン抵抗性を遺伝的に持つグループ、生活習慣によって発症したグループに分け、それぞれにローヤルゼリーを4週間服用してもらいました。
すると、どちらのグループもインスリン抵抗性の上昇が抑えられていました。
つまり、インスリンが分泌され、血糖値が下がりやすい状態になったのです。
また、同時に中性脂肪の上昇も抑えられ、血管の過剰な収縮も抑えられていました。
この結果から、ローヤルゼリーは遺伝や生活習慣など発症の原因に関わらず、インスリン抵抗性を改善できることが明らかになったのです。
さらにいえば、メタボリックシンドロームや動脈硬化の防止にも繋がるため、生活習慣の予防にも効果があることが明らかになりました。

2-3.ローヤルゼリーは糖尿病予防の健康食品
糖尿病は一度発症してしまうと、残念ながら完全に治ることはありません。
ただ、ストレスの軽減や運動不足の解消、そしてバランスのよい栄養を摂取していけば、健康な方と変わりない生活を送ることができます。
とはいえ、糖尿病を発症させず、未然に予防するのが最も大切です。
ローヤルゼリーは血糖値の低下に良い結果をもたらす健康食品であって、糖尿病の症状を完治させる薬ではありません。
糖尿病や高血糖は、規則正しい生活習慣や栄養素を摂取することで予防が可能です。
毎日の生活にローヤルゼリーを上手に取り入れ、健康な身体作りに活用していきましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.