banner

自律神経とローヤルゼリー

自律神経とは、私たちの体温や呼吸などを、知らないうちに調整して一定に保ってくれるシステムのことです。
通常私たちの身体は、気温の変化、環境の変化、精神的なストレスの到来などに対して、それらによって体温や心の状態などが変化しすぎないように自動調整しようとする働きがあり、それをつかさどるのが自律神経です。

自律神経は、交感神経と副交感神経とを間脳と呼ばれる器官を介して調節します。

ところが、強い精神的なストレスが一時的にかかったり、さほど強くなくとも長い期間にわたってかかったりすると、自律神経は疲労を起こして、交感神経と副交感神経とのバランスが崩れてしまうことがあります。
この状態を「自律神経失調」と呼びます。

自律神経失調が回復しない状態を「自律神経失調症」と呼び、全身症状に加え精神的な症状も現れます。
自律神経は、身体の全ての器官をコントロールしているので、そのバランスが崩れる(失調)と、頭痛、めまい、のぼせ、ほてり、発汗、手足のしびれ、不眠、イライラ、不安感、抑うつなどの様々な症状を引き起こします。

こちらのローヤルゼリーについてのページもぜひ、ご覧ください。
さて、自律神経とローヤルゼリーの関係はと言うと、ローヤルゼリーには間脳の働きを活性化させるビタミンの一種「アセチルコリン」が含まれています。
アセチルコリンは神経伝達物質で、視床下部(間脳のある所)に作用して、自律神経の働きを正常に近づけようとする働きをします。

アセチルコリンは副交感神経を正常化、活性化させるので、身体症状が正常に近づくだけでなく、イライラや不眠といった精神的なトラブルも軽減します。

つまり、ローヤルゼリーは脳を刺激し自律神経を元気にして、副交感神経の働きを高め、ストレスに強く、リラックスしやすい身体と心をつくります。 こちらのローヤルゼリー比較ランキングでも効果的な摂取方法について解説されています。


しかしもちろん、ストレスを減らす工夫も必要です。
それでも駄目ならローヤルゼリーを。

ローヤルゼリーはアセチルコリンだけでなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富にバランスよく含む食品ですから、健康効果、リラックス効果はアセチルコリンだけではありません。
だからローヤルゼリーは、「健康長寿の秘薬」とも呼ばれているのです。

健康食品と言ってもローヤルゼリーだけではありません。
こちらの、セサミンの効果効能や、健康食品・ゴマとの比較サイトも、参考になるので、ぜひご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.