banner

更年期とローヤルゼリー

更年期障害とは、中年期以降の女性において、加齢による卵巣機能の低下によって、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌量が減少することによって起きる様々の症状を指します。

50歳前後の閉経の時期をはさむ前後10年の間に発症することが多く、わが国では約2,000万人が更年期障害を患っていると言われています。

更年期障害の症状は心身両面に現れます。
身体的な症状としては動悸、めまい、のぼせ、ほてり、不眠、疲労感などが挙げられます。
精神的な症状としては、情緒不安定、イライラ、不安感、抑うつなどが見られます。

2002年の調査によれば、女性の約8割が更年期障害のいずれかの症状を持っており、そのうち約4割の女性は、仕事などに支障が出る程度の重い症状があると訴えています。

更年期障害は、女性のほとんどが年齢と共に味わう、宿命的な病気とも言えそうです。
こちらのローヤルゼリーサイトでは、癌とローヤルゼリーの関係について記載されています。

そんな更年期障害を改善すると言われるローヤルゼリーですが、更年期障害に効果があるのは、ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」です。

女性ホルモン「エストロゲン」の不足によって起きる更年期障害ですが、デセン酸は、エストロゲンと似た働きをするのです。

それは、自律神経の調整と、ホルモンバランスの調整です。
そのデセン酸の働きによって、更年期障害が軽減するのです。

なお、デセン酸の含有量はローヤルゼリーの品質の目安とも言われています。
詳しくは「ローヤルゼリーの品質を見る基準」の項をご覧ください。

さて、更年期障害で病院へ行くと、たいてい自律神経を正常化する薬が処方されます。

そうした薬品と同じ働きをするとして注目されているのが、ローヤルゼリーに含まれるビタミンの一種「アセチルコリン」です。

アセチルコリンはもちろん天然の物質で、「神経伝達物質」として知られています。
アセチルコリンは自律神経のバランスを整え、また脳内の情報伝達が早まるので、脳も身体も若返る効果もあります。

デセン酸とアセチルコリン、更年期障害にうってつけの天然成分が豊富に含まれるローヤルゼリーが、「更年期障害に効く」と評判が高いのは、以上のような理由があったのです。

更年期障害には、セサミンもおすすめ。
こちらの、セサミンの効果効能や、健康食品・ゴマとの比較サイトも、詳しい解説が掲載されています。ぜひご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.