banner

ローヤルゼリーの成分 必須アミノ酸 フェニルアラニン

1.ローヤルゼリーに含まれるフェニルアラニンとは

天然の栄養素を豊富に含むローヤルゼリーには、アミノ酸が特に多く含まれています。
皆さんはその中のひとつ、フェニルアラニンをご存知でしょうか?あまり聞きなれない栄養素ですが、ローヤルゼリーが持つ様々な症状への改善効果に、大きな影響を与える栄養素です。
今回はこのフェニルアラニンはどんな効果があるのか、ご紹介していきます。

1-1.フェニルアラニンってどんなもの?
フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつに分類され、タンパク質を作る原料になります。
大きな働きとして、脳の信号を全身に伝える神経伝達物質としての役割を持っています。
さらに肝臓では非必須アミノ酸のチロシンに変換され、興奮作用を持つ3つの神経伝達物質、ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンを合成する原料として使われます。
また、身近な製品にも使用されています。
非必須アミノ酸のアスパラギン酸とともに砂糖などが加えられ、アステルパームの形で清涼飲料水にも含まれています。

1-2.フェニルアラニンが不足すると?
フェニルアラニンは興奮作用を生み出す神経伝達物質の原料となるため、不足すると精神的な症状があらわれやすくなります。

  • 意欲の低下
  • 無気力感
  • 無関心
  • 頭がボーっとする
  • 抑うつ症状
  • 判断力の低下
  • 集中力の低下

交感神経は、他にも興奮作用を持つアドレナリンやノルアドレナリンは、交感神経を刺激して機能を活発化させる働きがあります。
そのためフェニルアラニンが不足すると、活動時に作用する交感神経が抑えられ、日中に眠気があらわれる場合があります。
この状態が続くと精神を安定させるホルモン、セロトニンの分泌量まで低下してしまい、不眠状態に陥る場合もあります。

2.ローヤルゼリーに含まれるフェニルアラニンの効果とは

フェニルアラニンは主に、正常な神経機能の維持に働きます。
単体で摂取しても私たちに不可欠な効果を与えてくれますが、ローヤルゼリーに含まれていることで、さらなる効果を生み出します。

2-1.脳の機能を正常に保つ
フェニルアラニンは神経伝達物質の生成に関わる働きがあることから、脳の正常な機能維持に役立ちます。
フェニルアラニンは興奮作用を持つドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンを合成する働きがあります。
これらの物質はやる気や意欲を生み出し、気分の低下を防いでくれます。
実際に医療現場では、軽度のうつ病の治療にも用いられています。
ただし、他の抗うつ薬と拮抗する可能性があります。
既に抗うつ薬を使用している場合は、フェニルアラニンの作用が薬の効果を妨げる場合があるため、ローヤルゼリーを服用する際は医師に相談するとよいでしょう。
他に、集中力や記憶力の向上にも効果を発揮してくれます。

2-2.痛みを軽減させる
フェニルアラニンは沈痛作用を生み出す神経伝達物質の生成にも関わり、痛みを軽減させる働きがあります。
脳の中では脳内麻薬と呼ばれる物質、エンドルフィンが作られていて、身体の痛みを和らげてくれています。
フェニルアラニンはエンドルフィンの機能を正常に保つ働きがあり、医療現場でも用いられています。
主に外傷や腰痛、偏頭痛、骨関節炎、慢性関節リウマチ、手術後の痛みなど、慢性的に続く痛みの軽減に役立てられています。
また、大きな特徴として中毒性がなく、長期に渡って使用しても効果が弱まることはありません。
さらに、繰り返し使用するとより効き目が増すため、長引く痛みに悩まされている方は非常に安心して取り入れられる栄養素です。

2-3.ダイエット時の空腹を抑える
フェニルアラニンには空腹を抑制する物質、レプチンの分泌を促す働きがあります。
この作用によって、ダイエット時の食欲を抑える効果が期待できます。
レプチンは満腹中枢を刺激して、食欲を抑えてくれる物質です。
交感神経を活発にしてカロリー消費量を増加させる働きもあるので、分泌量が増えるとダイエットに効果的に働きます。
ところが、空腹になると身体は防衛反応が働き、飢餓状態に陥らないように食べ物を欲します。
すると、レプチンの分泌は急激に抑えられてしまうのです。
レプチンは本来、脂肪が多いほど分泌が促されます。
ですが食事制限で急激に食事量を減らすとレプチンの分泌に異常をきたしてしまい、分泌量が低下してしまいます。
その結果、肥満を招く原因になってしまうのです。
フェニルアラニンはレプチンの正常な分泌を促す働きがあるので、ダイエット時の空腹を抑え、リバウンドの防止に役立ちます。
ただし、ダイエット時は食事の摂取カロリーや栄養バランスも重要です。
食事量を減らす場合は徐々にカロリーを減らしていきましょう。
それと同時に、ローヤルゼリーでバランスのよい栄養補給を行うのが、ダイエット成功への近道です。

2-4.ローヤルゼリーの効果を高める重要な栄養素
フェニルアラニンには今回紹介した以外に、幸福感の増幅、白髪の予防、皮膚疾患の改善などの効果もあります。
また、うつ症状の改善に重要な働きをするため、軽度の症状であれは改善に高い期待ができるのも頼もしい特徴です。
心療内科への通院は抵抗がある方も多いと思います。
心のバランスが乱れたときは、フェニルアラニンでの改善をおすすめします。
これらの効果を持つフェニルアラニンは普段あまり意識することの少ない栄養素ですが、ローヤルゼリーが様々な効果を生み出すために欠かせない役割を持っています。
全身の細胞を作り出すタンパク質は、全部で9種類存在する必須アミノ酸のバランスが重要です。
体質や体調を改善するには、1種類の栄養素を多めに摂取するだけでは根本的な改善にはなりません。
タンパク質をバランスよく摂り、炭水化物と脂質、さらにそれらの働きを助けるビタミンやミネラルも同時に摂取して、初めて体調が整えられていくのです。
必須アミノ酸は体内では合成できず、普段の食事だけでは不足しがちです。
ローヤルゼリーには5大栄養素がバランスよく含まれているので、体質や体調の改善に非常に高い効果を発揮してくれます。
心や身体につらさを感じたら、ローヤルゼリーを取り入れ、心身ともに苦痛を取り払っていきましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.