banner

ローヤルゼリーのストレス軽減効果

1.ローヤルゼリーはストレスを軽減させる

イライラが続く、ぼーっとする時間が増えた、集中力が続かない、などの症状が増えてきたら、ストレス過剰な状態かもしれません。
ストレスは自分でも気づかないうちに心をむしばみ、心と身体に様々な症状を及ぼします。
ローヤルゼリーには、ストレスに対抗して軽減効果を発揮する栄養素が豊富に含まれています。
ローヤルゼリーの効果の紹介の前に、ストレスの症状からみていきましょう。

2.ストレスによる主な症状とは?

溜め込まれたストレスは、心身ともに様々な症状を及ぼします。

2-1.心理的症状

  • イライラ
  • 気分の落ち込み
  • 集中力の低下
  • 無気力、意欲の低下
  • 不安感
  • 孤独感、疎外感

2-2.身体的症状

  • 頭痛
  • めまい
  • 腹痛、下痢、便秘
  • 生理不順
  • 疲労感
  • 食欲低下
  • 不眠

2-3.行動的症状

  • ぼーっとすることが多くなる
  • 反応が鈍くなる
  • 無関心
  • 笑顔がうまく作れない
  • ミスが増える
  • 言動や行動が乱暴になる
  • 自分を大切に扱えなくなる
  • 外出や人に会うのを避けるようになる

これらの症状は密接に関わっていています。
そのため、ひとつの症状が他の症状を引き起こすこともあり、いくつも同時に症状があらわれる場合もあります。

2-4.ストレスによる症状を引き起こす原因とは?
ストレスそのものの原因には、人間関係や仕事、家事や育児など外的な要因があって、それに対するプレッシャーや満たされない欲求、逃避欲求などが様々な形で関わっています。
これらの原因が長引くと身体はストレスを感じ、先ほど述べた症状があらわれてきます。
では、心身の症状を引き起こす原因は何かといえば、ホルモンや自律神経のバランスの乱れです。
どちらも心と身体の正常な機能を保つ働きがあるため、バランスが崩れてしまうと心身に様々な影響が出てくるのです。
特に胃腸はストレスの影響を受けやすく、食欲不振や胃酸の分泌量増加、さらには胃潰瘍、胃がんなど重症化する可能性もあるので注意が必要です。
精神面ではうつ病を発症する場合もあるので、重篤な症状への進行を防ぐためにも、ストレスは軽度のうちにうまく解消していきましょう。

3.ローヤルゼリーのストレス軽減効果とは?

ストレスによる症状は、主にホルモンバランスや自律神経の乱れが原因となって引き起こされます。
ローヤルゼリーに含まれる栄養素は、これらの原因に様々な方面から働きかけ、ストレスの軽減を促してくれます。
どんな栄養素がどんなふうにストレスを軽減してくれるのか、みていきましょう。

3-1.ローヤルゼリーにはストレスを軽減させる栄養素が豊富
ローヤルゼリーには特有成分のデセン酸が含まれ、ホルモンバランスの乱れが影響するストレスを効果的に軽減させてくれます。
女性は生理期になると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。
女性ホルモンは身体の機能を正常に維持する恒常性に関わる働きがあるため、バランスを崩してしまうとイライラや怒りっぽくなるなど、精神的に不安定な状態になってしまうのです。
また、更年期の時期に差し掛かると女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の急激な減少によって、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
デセン酸はエストロゲンと同じような働きを持ち、不足するエストロゲンの代わりに作用しします。
この働きによって、生理期や更年期に乱れるホルモンバランスを整え、ストレスの軽減を促してくれるのです。
ホルモンバランスが崩れると、影響を受けるのが自律神経です。
ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1・B2には、ともに自律神経に関わる神経細胞の機能を正常に維持する働きがあり、ストレスの軽減を促してくれます。
また、どちらのビタミンも肌の新陳代謝を促進する働きも持っているので、ストレスの影響でダメージを受ける肌の保護にも効果を発揮します。
ただ、ビタミンB群はストレスを受けると大量に消費されてしまいます。
そこで、別な方面からストレス軽減に働きかけるのが、もうひとつのビタミンB群、パントテン酸です。
ストレスを感じると抵抗力を高めるために、副腎からストレスに対抗するホルモンが分泌されます。
このホルモンの合成にはビタミンCが必要なのですが、ビタミンCもストレスを受けると大量に消費されてしまいます。
パントテン酸はビタミンの働きをサポートする役割があるので、ビタミンCを活発にさせ、ストレス対抗ホルモンの合成を促します。
また、ストレスの軽減には質のよい睡眠も重要です。
ところが就寝時に交感神経が活発になっていると、寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めたりと、睡眠の質が低下してストレスがうまく解消されなくなってしまいます。
ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、自律神経の副交感神経を刺激します。
身体をリラックスさせる働きのある副交感神経は、睡眠時に活発に働いて睡眠を促します。
アセチルコリンが副交感神経を刺激することで交感神経との切り替えがスムーズに行われ、睡眠のリズムが整えられていきます。
アセチルコリンは加齢とともに減少していき、それに伴って睡眠の時間と質が低下していきます。
ローヤルゼリーは自然界で最もアセチルコリンを多く含んでいるので、睡眠の質を高め、ストレスの軽減に大きな効果を発揮できる食品といえるでしょう。

3-2.ストレスの軽減にはローヤルゼリーがおすすめ
ストレスは決して悪いものではありません。
ストレスは外からの刺激に対する反応なので、ストレスを全く感じないのは何からも刺激を受けていないということです。
程度の差こそあれストレスは誰もが感じているものですが、大きく溜め込む前にうまく解消するのが大切です。
ローヤルゼリーに含まれる栄養素は天然の成分のため、身体に優しく浸透していきます。
薬ではないので即効性はありませんが、自律神経やホルモンバランスを整え、ストレスの軽減に働きかけてくれます。
心身に負担を感じ始めたら、ローヤルゼリーを取り入れ、ストレスに負けないように身体を整えていきましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.