banner

ローヤルゼリーの効果・効能

更年期の症状改善効果

更年期障害と言われる病状は、女性ホルモンの減少によって起こると言われます。
女性の場合は、40~50歳ごろから、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減り、呼吸や心臓の動きなど生命活動をつかさどる自律神経に異常が起こることにより、のぼせ、めまい、ほてり、イライラ、といった更年期障害の症状が現れます。

ローヤルゼリーに含まれる成分のひとつ「アセチルコリン」は、自律神経の働きを活性化させる働きがあります。
さらに、ローヤルゼリーに含まれる「アミノ酸」には、女性ホルモンの分泌量を増加させる働きがあります。

ある臨床データには、更年期障害を訴える女性患者のうち87.5%の人に、ローヤルゼリーの効果が認められました。

参考:「更年期とローヤルゼリー
   「自律神経とローヤルゼリー

アンチエイジング効果

ローヤルゼリーは、古代中国では「王乳」と呼ばれ、若返りの秘薬とされました。
中世ヨーロッパでも、ローヤルゼリーは不老長寿の薬として珍重されました。

ローヤルゼリーに含まれるたんぱく質の一種「アピシン」は、細胞の増殖を促進し、細胞の寿命をも延ばすと言われています。

また、ローヤルゼリーに含まれる「アセチルコリン」は、脳から筋肉への指令伝達を促進します。
これにより、お肌だけでなく、動きもアンチエイジング。

また、ローヤルゼリーには「若返りホルモン」と呼ばれる「類パロチン」が含まれています。
類パロチンは、細胞の新陳代謝を活発にします。

美肌効果

細胞の新陳代謝を活発にして若さを保つ成分として、「パロチン」という成長ホルモンの一種があります。
パロチンは25歳くらいまでは活発に分泌されますが、その後年齢と共に減少します。

ローヤルゼリーには、このパロチンに類似した「類パロチン」が含まれています。
また、ローヤルゼリーには、お肌の新陳代謝を活発にしてくれるアミノ酸やビタミンB群も豊富です。

ローヤルゼリーを摂取すると、実際にお肌の調子はよくなります。
特に40歳以上のあなたには、ローヤルゼリーはイチ押しの美肌食品です。

参考:「美肌とローヤルゼリー

生活習慣病の予防効果

ローヤルゼリーの主要成分であり特有成分である「デセン酸」には、インスリン(インシュリン)の分泌を促す働きがあるとされ、血糖値を下げ糖尿病の予防・改善に効果があるとされます。

さらにデセン酸には血中のコレステロール値を下げる働きもあり、高脂血症の予防にも効果があると言われます

またデセン酸には血圧をコントロールする働きもあり、高血圧の改善も期待できます。

またデセン酸には殺菌作用もあり、感染症やアレルギーにも効果があると言われています。
また、気になるローヤルゼリーのカロリーについても参考にご覧ください。

がんにも効果があるローヤルゼリー

ローヤルゼリー特有成分「デセン駿」には、抗がん作用もあります。

また「類パロチン」には、細胞を活性化する作用があります。

それだけでなく、ローヤルゼリーには種々のビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれています。

ビタミンB群は体力回復に効くとされますが、中でも「イノシトール」は肝機能を高め脂肪肝を防ぎます。

アミノ酸では、免疫力を高めるリジン、疲労回復のバリン、肝機能を高めるメチオニン、神経伝達物質アセチルコリンなど、ローヤルゼリーは健康成分、若返り成分がぎっしり詰まっているのです。

このようにローヤルゼリーの効果・効能は多岐にわたります。
また、こちらのサイトでは 血糖値を下げる効果があるローヤルゼリー として紹介されていました。是非ご覧ください。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.