banner

ローヤルゼリーで自律神経を整える

今はまだ症状を自覚していなくとも、不規則な生活やストレスなど、知らず知らずのうちに自律神経が乱れるような生活を送っていませんか?
ローヤルゼリーは自律神経を整え、自律神経失調症や自律神経の乱れによって起こる更年期障害に効果があります。

1.自律神経の不調によるメカニズム

1-1.自律神経失調症
自律神経失調症は、何らかの原因によって交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなるために起こる病気です。
めまい、吐き気、動機、発汗、不眠、うつなど人によってさまざまな症状があります。
ストレスの多い現代では、多くの人がこのような症状に悩まされています。
主にホルモンバランスの乱れから、女性に多い病気であるといわれています。
対症療法での治療が一般的で、根本的な解決に至る治療法は見つかっていません。

1-2.更年期障害
更年期障害は、エストロゲンの分泌量が急激に変化することに端を発します。
エストロゲンには自律神経の調整をするはたらきもありますが、閉経を迎えると、その分泌量は一気に少なくなっていきます。
そうなることで自律神経が乱れ、自律神経失調症と似たような症状が表れるようになります。

2.効果的な成分

ローヤルゼリーには、これらを改善することのできる物質が含まれています。

2-1.アセチルコリン
アセチルコリンは神経伝達物質で、自律神経に深い関わりがあります。
アセチルコリンが不足すると、夜によく眠れなくなったり、日中に集中力が低下してやる気が出ないなど、活動に影響が出るようになります。
体内でのアセチルコリンを増やすことは、不眠やうつといった自律神経失調症の症状に効果があります。

2-2.デセン酸
ローヤルゼリー特有のデセン酸という成分は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じようなはたらきをすることが分かっています。
デセン酸によってエストロゲンが疑似的に補われれば、自律神経の調整機能のアップにつながり、結果的に更年期障害を改善するに至ると考えられています。
他にも、エストロゲン不足によって起こる骨粗しょう症や、生活習慣病も予防でき、肌の調子を整えることができるなど、多くの効果が得られます。


自律神経は自分でコントロールすることができないからこそ、毎日の規則正しい生活やストレスの軽減を心がけるなどして、その調整をサポートしてあげる必要があります。
少しずつ効果が表れ、症状の軽減を自覚できるようになるまでは、ローヤルゼリーを毎日継続して摂取してみましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.