banner

ローヤルゼリー使用の注意点は?

病気の予防やストレスの改善、美容など多くの効果を持つ食品である、ローヤルゼリー。
ローヤルゼリーには、副作用はないと言い切ることができます。
なぜなら、厳密に言うと副作用は医薬品に使われる言葉だからです。
しかし、ローヤルゼリーに限ってのことではありませんが、アレルギーや体質に不安がある人は、摂取について慎重に考えなければなりません。
特に注意が必要なのは、以下に当てはまる人です。

1.アレルギー

ローヤルゼリーの摂取によって、アレルギー反応を起こす危険性のある人がいます。

1-1.花粉症、アレルギー性鼻炎
ローヤルゼリーは、もともと働き蜂が花粉やハチミツを食べて分泌する物質です。
そのため、微量であっても花粉が含まれています。
花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、花粉に対して過敏に反応するため、症状が悪化する可能性があります。

1-2.アトピー性皮膚炎、喘息
アトピー性皮膚炎や喘息を持つ人も、ローヤルゼリーでアレルギー性症状が起こる危険性があり、ローヤルゼリーの製品には、その旨の注意書きが書かれていることがあります。

1-3.ハチに刺された経験のある人
ハチに刺されたことがある人は、体内に蜂の毒に対する抗体を持っていて、ハチに由来するローヤルゼリーを摂取することで、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。
とくに、直近10年間の間に1度でもハチに刺された人は摂取を控えることをおすすめします。
アナフィラキシーショックは、血圧の低下や呼吸困難、意識喪失など、生命に関わる症状を発症することがあり、注意が必要です。

1-4.食品アレルギー
たんぱく質アレルギーがある人や、多くの食品に対してアレルギーをもつ人も、注意が必要です。
ローヤルゼリーにもたんぱく質が含まれています。
また、ローヤルゼリーに含まれる成分に対して、自身で認識している以外の新たな食品アレルギーを引き起こす可能性があるためです。

2.子供、妊娠・授乳中

アレルギーを持たない人でも、子供や妊娠・授乳中の女性は以下のような可能性があります。

2-1.子供
ローヤルゼリーは栄養豊富で、成長途中の子供にも与えたいと考える親は少なくありません。
しかし、1歳未満の乳幼児は、ハチミツやローヤルゼリーの摂取が禁止されています。
それらに混入しているボツリヌス菌という菌は、菌への抵抗力をもつ大人の腸では増殖することはできません。
しかし、抵抗力や腸内細菌が未発達な乳幼児の腸では、菌が増殖し、乳児ボツリヌス症への感染リスクが高まります。
死亡例もあるため、摂取させないという意識を家庭内で共有するだけでなく、乳幼児の手の届くところに置かないなどの配慮も必要です。
身体の発達の度合いには個人差がありますが、基本的には6歳未満には与えない方が安全です。
6歳を過ぎたら、飲ませやすく加工されている子供用のローヤルゼリー製品から、様子を見て少しずつ始めてみましょう。

2-2.妊娠・授乳中の女性
多くのローヤルゼリー製品には、妊娠・授乳中は摂取を控えるよう書かれています。
これまでアレルギーなどがなかった人も、妊娠を機に体質が変わることがありますし、胎児や乳幼児に影響がないという研究結果は今のところ報告されていません。
とはいえ、ローヤルゼリーは妊娠・授乳中に失われがちな栄養が豊富ということで、摂取したいと考える人も多いのが事実です。
そのような場合は、医師と十分に相談した上で判断するようにしましょう。

3.ローヤルゼリーは、体質に合えば自然が作り出す万能薬!

ローヤルゼリーは、摂取量に気をつけ、長く続けてこそ効果が分かる健康食品です。
自分の体質に合いさえすれば、様々な良い効果をもたらす万能薬ともなり得るのです。
もしも、ローヤルゼリーを摂取していて少しでも身体に変化を感じたり、疑問がある場合は、摂取を中止して医師へ相談することをおすすめします。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.