banner

食欲不振改善をローヤルゼリーで

食欲が出ないからといって、ずっと何も口にしないままでいるのはよくありません。
食べないでいると、栄養不足から体調不良が悪化するなど、悪循環に陥ってしまいます。

一番良いのはやはり、バランスの取れた食事をしっかりととることですが、食事ができないときにはローヤルゼリーに頼ることも選択肢の一つです。
ローヤルゼリーには多くの栄養素を含み、食事ができないときの栄養補給はもちろん、食欲不振の原因を根本から改善してくれるため、おすすめです。

食欲不振の原因と、それに対するローヤルゼリーのはたらきを解説します。

1.ストレスからくる食欲不振

仕事や人間関係などのストレスを抱えていると、食欲が減退するということも少なくありません。
過度なストレスを感じると、胃腸のはたらきが低下し、食欲を司る中枢神経がうまく空腹であることを認識できなくなります。
また、ストレスによる不眠も胃腸の機能や食欲を低下させる一因です。

1-1.ローヤルゼリーのストレス解消効果
そのようなときは、無理して普段通りの食事をとろうとするのではなく、ローヤルゼリーを摂取することをおすすめします。

ローヤルゼリーに含まれる成分には、リラックス効果を与え、ストレスを和らげる作用があります。
また、自律神経を整え、快適な眠りや目覚めをサポートし、不眠の解消にもつながります。
ローヤルゼリーでストレスや不眠を改善することができれば、次第に食欲も戻るでしょう。

2.疲労や夏バテからくる食欲不振

疲れが溜まっていたり、夏バテが起きているときは、なんとなく食事も億劫になりがちです。
夏バテは、室内の温度と屋外の気温の差によって、自律神経が乱れることで起こります。

2-1.ローヤルゼリーの疲労回復効果
ローヤルゼリーには、ビタミンB群や、各種アミノ酸など、疲労を回復させる成分が豊富です。
それらの成分は、精神的な疲労にも、肉体的な疲労にも効果的です。
また、ローヤルゼリーの自律神経を整える効果で、夏バテの症状を改善し、食欲を取り戻させてくれます。

3.女性の更年期障害による食欲不振

更年期を迎えると、更年期障害によるさまざまな症状とともに、食欲も低下することがあります。
更年期障害は、これまで活発だった女性ホルモンの分泌量が加齢によって低下し、自律神経のバランスを崩してしまう病気です。

3-1.ローヤルゼリーの更年期障害改善効果
ローヤルゼリーには、デセン酸と呼ばれる女性ホルモン様物質が含まれており、減少したエストロゲンを擬似的に補うことができます。
更年期障害による食欲の低下はもちろん、その他冷え、のぼせ、頭痛など、多くの症状を緩和します。

4.男性の更年期障害による食欲不振

また、更年期障害は今や女性だけの病気ではなく、同様に男性ホルモンの分泌量が低下することで起こる「男性更年期障害」の存在が知られています。

4-1.男性に対する更年期障害改善効果
デセン酸は、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンであるテストステロンのはたらきも補助し、男性更年期障害や、その症状の一つである食欲不振の改善にも役立ちます。

5.ローヤルゼリーで食欲を取り戻そう!

忙しい毎日で、食事が疎かになることは少なくないとは思います。
充分に食べられない時でも、たんぱく質、ビタミン、アミノ酸などの栄養が豊富なローヤルゼリーで、必要最低限の栄養摂取は心がけましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.