banner

ローヤルゼリーって何?

ローヤルゼリーは「ロイヤルゼリー」と表記されることもあり、日本語では「王乳」と表記されることもあります。
直訳すれば「王のゼリー」となります。

ローヤルゼリーは、つまり女王蜂専用の食物で、まさに王様の食物です。
この女王蜂とは、ミツバチの社会(コロニー)における女王蜂を指します。
つまりコロニーのトップ、まさに王です。

当然のことながら、メスが王と言っても、オスのミツバチがいなければ子孫を残せませんが、ミツバチのコロニーは完全な女系社会で、多数の卵を何回も身ごもる女王蜂を最も尊崇する意識が根付いています。

そういう事情から、ローヤルゼリーはミツバチの中で女王蜂だけが口にできるスペシャル・フードになっています。

蜜蜂は、働き蜂も女王蜂も、卵の段階ではいずれも何の違いもないメスで、生後3日目までは、ワーカーゼリーと呼ばれる、ローヤルゼリーよりも栄養価の低いものを食べます。
ところが4日目から、女王蜂になるメスはローヤルゼリーを食べはじめ、働き蜂になるメスは蜂蜜と花粉を食べます。

そうして、女王蜂は一生涯、ローヤルゼリーだけを食べ続けます。

ローヤルゼリーがどうして作られるかというと、若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌するという形で製造されます。

さて、一生の間ローヤルゼリーだけを食べる女王蜂は、ローヤルゼリーを一度も口にできない働き蜂に比べ、身体の大きさは2~3倍、寿命は20~30倍といわれ、毎日1,500個もの卵を産み続けます。

なお、働き蜂は卵を産む能力すらありません。
同じメスでありながら、体格、寿命、能力の面でここまでの差異を生ずる生物は、動物界でもきわめて珍しいものです。

ローヤルゼリーはプロポリスとよく比較されますが、いずれも健康食品として広く用いられ、ローヤルゼリーは化粧品としても用いられています。

蜂蜜や高麗人参も美容に良いとされています。
高麗美人は高麗人参を含んだサプリメントで口コミの評判もとても良いです
「女王の食べ物」という性質は特に女性から好感を受け、古くから広く用いられます。

ローヤルゼリーの外見は白いクリーム状で、発酵食品のような独特の酸味を帯びるのが特徴です。

飲みやすいローヤルゼリーサプリメントを探してみてください。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.