banner

ローヤルゼリーの歴史とは

ローヤルゼリーには、これまでにどのような歴史があって、私たちの健康や美容に役立つようになったのでしょうか。
少しさかのぼってみてみましょう。

ローヤルゼリーの歴史の始まりは、今から約2400年ほど前にさかのぼります。
古代ギリシャの有名な哲学者・アリストテレスの著書のひとつである「動物誌」に、「濃厚な蜂蜜に似た淡黄色の柔らかいもの」という一節が登場しますが、これはローヤルゼリーを表現したものと思われます。
この頃はまだ、ローヤルゼリーのもつ健康効果はおろか、その関係性や女王蜂誕生の過程など、多くのことが誰にも知られることのないままでした。

それから2000年以上の時が経った今から200年前のこと、次にローヤルゼリーについて言及したのは、フランソワ・ユベールというスイスの博物学者でした。
彼は盲目でありながらミツバチの生態に関する研究を重ね、自身の著書「蜜蜂の新観察」において、今でいうローヤルゼリーに初めて「ゼレー・ロワイヤル」という名前を付けています。

実際にその健康効果が知られるようになったのは、1954年のことです。
80歳を迎えた当時の世界最高権威、ローマ法王ピオ12世は、肺炎を患い危篤状態に陥っていました。
主治医たちは最高レベルの治療を施しましたが、もはやここまでと諦めかけていたその時、最後の手段としてローヤルゼリーを投与することにしました。
すると、みるみるうちに病状が改善し、さらに継続的に投与したことによって、法王は以前のような体調まで回復することができたのです。

その効果に驚いた法王は、のちの1958年に行われた第12回国際養蜂会議でのスピーチで、自分の命を救ってくれたミツバチや、養蜂家に対する感謝を世界中に発信しました。

この翌年には、日本の週刊誌でも「不老長寿の新薬現る」として大々的にローヤルゼリーの存在を報じ、国内でも大変な話題となりました。

また、今のように研究が進んでいなかった紀元前の時代にも、美容に対する効果を見込んでローヤルゼリーを食べていた人がいます。
それは、楊貴妃、小野小町に並んで世界三大美女とうたわれる、クレオパトラです。
ローヤルゼリーを摂取することで美貌を保っていたといわれており、そのような絵が壁画にも残されています。


古くからの歴史があるからこそ、現在多くの人々に知られるところとなり、私たちはローヤルゼリーのもつたくさんの恩恵を受けられるようになったのですね。
現段階では、まだまだ解明されていないこともいくつかあるようですから、今後さらに研究が進み、またローヤルゼリーに新しい歴史が刻まれるのが楽しみです。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.