banner

国産ローヤルゼリーのチカラ

国産のローヤルゼリーは、現在流通している製品の約1%ともいわれ、そのほとんどを外国産に頼っている状況です。
生産量が少ないことから希少性が高い国産ローヤルゼリーですが、それだけこだわりをもって生産されています。

1.自然環境の大切さ

ミツバチの自然の営みが作り出す食品であるという性質上、その自然環境がローヤルゼリーの品質を決めると言っても過言ではありません。
大気や川の汚染、農薬の散布など、周辺の環境管理が杜撰な土地では、良質なローヤルゼリーは作られません。
ミツバチの行動範囲内に、工場などの施設が存在しないといったことも大前提です。

ローヤルゼリーの原料は花の蜜と花粉、なによりもミツバチの存在が大きなウエイトを占めますから、より自然に近い環境が求められます。

2.鮮度

ローヤルゼリーは、加工されていないものならば鮮魚などと同じように生ものですから、鮮度が命であることは言うまでもありません。
国内で作られたものは流通するまでに時間を要しませんが、外国で作られたものはどうしても輸送に時間がかかってしまいます。

鮮度が良いものほど効果も高いと言われていますので、生産したものをそのまま販売できるという点でも、国産のものが求められる理由が分かります。

3.外国産にもメリットがある

とはいえ、外国産のものが低品質だというわけではなく、日本で販売される前には、全国ローヤルゼリー公正取引委員会という機関による厳しい基準をクリアする必要があります。
クリアした製品には、認証マークが付与されひと目で分かるようになっています。
また、日本の企業が管理している養蜂場も多いため、外国産だからといって一概に心配する必要はありません。

外国産のメリットは、国産よりも安く、3/1程度の価格で販売されているものが多いこと、また流通量が多いため手に入りやすいことです。

4.品質を求めるならやっぱり国産!

ローヤルゼリーの効果をより強く実感したいなら、国産がおすすめです。
外国産よりも価格が高いので、すでにローヤルゼリーを習慣に取り入れている方や、継続できる自信のある方など、より高い品質を求める方に適しているといえるでしょう。

自社のローヤルゼリーのどのようなところにこだわりを持っているか、各メーカーの製品を比較検討してみましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.