banner

ローヤルゼリーで女性の骨密度を維持

年齢を重ねると、筋力が低下するのと同じように、骨の強度ももろくなっていきます。
女性の場合、20代から閉経する50歳くらいまでは、一定の骨密度を維持することができます。
それには女性ホルモンが大きく関係しており、この年代の間は、骨の中にカルシウムを貯蔵するはたらきをするエストロゲンが正常に分泌されているからです。

しかし、更年期以降はエストロゲンの分泌量が減少することによって、骨密度が急激に低下し始めます。
骨密度が低下するということは、ちょっとしたことでも骨折を招きやすくなってしまうということです。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、患者のほとんどが女性です。
とくに高齢の女性に多く、エストロゲンの減少に加えて、食事量や運動量の低下も原因の一つです。
計測の方法は複数ありますが、主に成人の骨密度を100%とした場合、70%未満で骨粗しょう症の可能性が出てきます。

いつの間にか骨折

高齢者に多く見られる「いつの間にか骨折」をご存知でしょうか。
咳やくしゃみなどの小さな衝撃で、自分でも気が付かないうちに骨にヒビが入ったり、骨折していたりすることです。
いつの間にか骨折は、腰や関節が曲がって歩けなくなったり、寝たきりの原因となるため、老後の生活に大きく支障をきたします。

ローヤルゼリーで骨密度をアップ

骨に効果的といえば、真っ先に思い浮かぶのはカルシウムです。
しかし、スカスカになった骨にカルシウムだけを補っていても、意味がないのです。

ローヤルゼリーには、デセン酸という成分が含まれています。
デセン酸は、エストロゲンと同様の作用をもっているといわれるため、カルシウムの吸収力をアップさせ、溶出を防ぐことで、骨密度の改善に効果があります。
さらに、カルシウムやマグネシウムをはじめとする、数種類のミネラルが豊富です。
カルシウムは骨を作る成分としておなじみですが、マグネシウムもまた、カルシウムの吸収を促すはたらきがあるため、健康的な骨を作るためには欠かせません。
ローヤルゼリーなら、デセン酸とミネラルという二つの栄養成分から相乗効果を得られ、効率的に強い骨を作ることができます。
早くから摂取を習慣づけることで、生涯にわたって健康的な身体を維持し、いつまでも自立した生活を送って健康寿命を延ばしましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.