banner

鉄分の含まれているローヤルゼリー

ローヤルゼリーが、貧血持ちが多いと言われる女性や、アスリートに愛用される理由の一つに、鉄分が含まれているということがあります。
鉄分は、貧血解消に有効なだけでなく、成長期や運動をする習慣のある方の筋肉の発達を助ける成分でもあるのです。
今回は、ローヤルゼリーと鉄分の関係についてのお話です。

1.血液と鉄

血液を作る上で、鉄やたんぱく質、ビタミンなどの成分は欠かせません。
ローヤルゼリーには、それらの成分がバランスよく含まれ、貧血を防ぐはたらきがあります。
まずは貧血が起こるメカニズムから、ローヤルゼリーの作用を解説します。

1-1.鉄欠乏性貧血
鉄欠乏性貧血と呼ばれる貧血は、血液自体の量が減るのではなく、血液中のヘモグロビンの濃度が低下することによって起こります。
血液のほとんどを構成しているヘモグロビンは、肺から受け取った酸素分子と結合し、酸素を身体中に運んでいます。
そのため、濃度が下がると、十分に酸素を送れなくなってしまいます。
貧血状態の際に、頭痛、めまい、ふらつき、失神などが起こるのは、身体が酸欠状態に陥っているためと考えられます。

1-2.非鉄欠乏性貧血
鉄欠乏性貧血とは違い、たんぱく質不足が原因の貧血も増えています。
食生活の変化やダイエットなどで、たんぱく質の摂取量が減っている傾向にあることが考えられます。

1-3.貧血予防にローヤルゼリー
ヘモグロビンは、たんぱく質と鉄を原料にして作られます。
貧血というと鉄ばかりが注目されがちですが、ローヤルゼリーには鉄と同じくらい大切な、たんぱく質も豊富に含んでいるため、貧血解消に有効にはたらきます。
また、葉酸をはじめとする数種類のビタミンB群、ビタミンCは血液を作る際に欠かせないサポート成分ですので、このすべてをローヤルゼリーひとつで補えるのはとても便利です。

2.筋肉と鉄

鉄は、運動効率のアップや筋肉増強にも重要な役割を果たしています。
成長期の身体の成熟にも関わるため、部活動や習い事でスポーツをする子供にも摂らせたい成分です。

2-1.運動時にも鉄を補給
疲れにくい身体や持久力を保つのにも、鉄が関係します。
汗をかくと鉄が排出されやすくなるのに対し、激しい運動には、それだけの酸素と血液が必要になるからです。
充分な量の酸素を供給するヘモグロビンがなければ、トレーニングやスポーツにおいて、パフォーマンスの低下を招きかねません。

2-2.運動能力のサポートにもローヤルゼリー
アスリートが好んでローヤルゼリーを摂取するのには、鉄分とたんぱく質に加え、豊富なアミノ酸が含まれているという理由もあります。
運動をする人で知らない人はいないほど、その効果が注目されるBCAAや、疲労を回復したり、乳酸の蓄積を抑制する効果のあるものなど、その種類は約20種類以上に渡ります。

3.性別を問わないローヤルゼリーで健康に!

ローヤルゼリーには、貧血がちな女性にも、筋肉をつけたい男性にも、さらには子供の成長の栄養サポートとしても良い食品です。
家族全員で摂取できるので、家族みんなの共通のサプリメントとして、一家に一つ常備しておくと安心ですね。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.