banner

ローヤルゼリーに摂り過ぎはない?

豊富な栄養素を含み、多くの健康効果を持つローヤルゼリー。
その効果を聞けば、つい多めに摂ろうと思ってしまいがちですが、ローヤルゼリーは摂りすぎても問題ないのでしょうか?

1.ローヤルゼリーの摂取量の目安

健康食品や栄養食品に関連する企業によって構成されている、日本健康・栄養食品協会によると、ローヤルゼリーの一日の摂取目安量は500~3000mgとなっています。
なぜこんなにも数値に開きがあるのでしょうか?

その理由に、
・医薬品ではないため、商品に摂取量を明記する義務がないこと
・それぞれの体格、年齢、性別、体質などで摂取してよい量の個人差が大きいこと
などが挙げられます。
そのため、示された目安量の中で自分にあった摂取量を把握する必要があります。

2.自分にあった摂取量を見極める

まずは、少量の摂取から初めて様子を見ましょう。
しばらくその量を摂取しても効果が感じられないと思ったら、また少しずつ量を増やして様子を見ます。
どんなに増やしても効果が感じられないと思っても、3000mgを超える量の摂取はおすすめできません。
ローヤルゼリーには花粉やハチの分泌物が含まれていますので、花粉症をもつ方や蜂アレルギーをもつ方など、アレルギー体質の方は摂取時には注意してください。

3.ローヤルゼリーに副作用はない

ローヤルゼリーに副作用はありません。
このように書くと誤解を招いてしまいがちなのですが、副作用という言葉は、医薬品に対してのみ用いられます。
ですから、健康食品であるローヤルゼリーには、副作用という概念自体がないのです。
正しく理解しましょう。

4.摂りすぎるとどうなるの?

そもそも、摂りすぎたところで、摂った分全てが体内で利用されるとは限りません。
利用されなかった余分な成分は、体外に排出されてしまうので、あまり意味がありませんが、個人差はあるものの、下痢、腹痛、稀に鼻血が出るという人もいます。
他にも、人によって違う症状が現れる可能性がありますので、摂取量を増やした際は注意深くご自分の体調をチェックしてください。

5.ローヤルゼリーも、とりすぎは禁物!

医薬品ではないのなら、副作用の心配もないだろうということで、大量に摂取する人がいます。
しかし、どんなに体に良いものであったとしても、とればとるほどよいわけではありません。
それはローヤルゼリーに限ったことではなく、どのような健康食品も同じことです。
また、サプリメントを飲んだことのある方ならお分かりかと思いますが、健康食品は摂ってすぐに効果が出るということはほとんどありません。
ローヤルゼリーも、毎日決められた量を継続して摂取することで、次第に効果が現れてくるでしょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.