banner

ローヤルゼリーが自律神経失調症を予防・改善する効果とは

1.ローヤルゼリーは自律神経失調症を予防・改善させる

最近身体がほてったり、だるさ、イライラ、不安感など、体調面や精神面に異常を感じている方もいるのではないでしょうか?病院で診察を受けても特に原因がみつからないようなら、自律神経失調症の可能性があります。
ローヤルゼリーは、毎日の生活に支障をきたす自律神経失調症の予防・改善に効果を発揮してくれます。
一体どのような効果を発揮するのかを紹介する前に、まずは自律神経失調症とは何なのかをみていきましょう。

1-1.自律神経失調症とは?
自律神経失調症とは、身体に特別な異変があるわけでもないのに、身体の様々な部分に何らかの症状があらわれる状態を指します。
自律神経失調症は「病気」ではなく、他の原因が引き金となって症状が引き起こされる、不調のひとつとして捉えられています。

1-2.自律神経失調症の症状
自律神経は全身の様々な器官に関わっています。
そのため、バランスが崩れると身体的・精神的に様々な症状があらわれます。
具体的な一例を挙げると、
●身体的症状

  • 慢性的な疲労・だるさ・不眠
  • 頭痛・微熱・吐き気
  • 動悸・ほてり
  • 便秘・下痢
  • 喉の圧迫感・喉のつまり
  • 手足のしびれ
  • 残尿感・頻尿感

●精神的症状

  • 気分の落ち込み・不安感、疎外感
  • 集中力の低下・やる気が出ない
  • ゆううつ感、すぐ悲しくなる
  • イライラ、焦り

など、症状は多岐に渡ります。

1-3.そもそも自律神経とは?
自律神経とは、身体の機能をコントロールする神経です。
心臓が動いたり汗をかいたりなど、当たり前のように働いている機能ですが、自分の意思で動かすことはできません。
自律神経はこれらの機能を正常に保ち、身体に不調があらわれないように整えてくれています。
自律神経には、主に日中の活動時に活発になる「交感神経」と、リラックス時や睡眠時に活発に働く「副交感神経」の2種類があります。
この2種類の自律神経が1日のうちに何度も役割を切り替えることで、身体全体の正常な機能を維持できているのです。

1-4.自律神経失調症の原因
自律神経失調症は、交感神経・副交感神経のバランスが乱れるために引き起こされる症状です。
ではなぜ自律神経のバランスが崩れてしまうのかというと、夜更かしなど生活リズムの乱れや、過度なストレス、ホルモンバランスの乱れが大きな原因として挙げられます。
他に、何らかの病気が原因で引き起こされる場合もありますが、病院の診察で見逃され、自律神経失調症と診断を受ける場合もあります。
病気によって引き起こされている場合は、原因となる病気の治療を進める必要があります。

2.ローヤルゼリーの豊富な栄養素が自律神経失調症を改善

生活習慣の乱れやストレスは、誰でも少なからずあるでしょう。
特に女性の場合は、ホルモンバランスの乱れは避けられない現象です。
肝心なのは、交感神経と副交感神経のバランスを保てるように、しっかりとした栄養素の摂取を心掛けることです。
ローヤルゼリーに含まれる栄養素は、自律神経失調症にどのように働きかけてくれるのか、みていきましょう。

2-1.ローヤルゼリーがストレスを軽減して自律神経を整える
ローヤルゼリーには、脳内で情報伝達物質の分泌を促す成分が数多く含まれ、ストレスによる自律神経失調症の改善に働きかけてくれます。
情報伝達物質のひとつ、アセチルコリンは、副交感神経を刺激する働きを持つ物質です。
興奮の抑制を促すので、ストレスの影響で過剰になった交感神経との切り替えを行い、自律神経のバランス調整に作用します。
アセチルコリンが不足すると、眠りが浅くなるとされています。
睡眠の質が下がるとストレスが解消されず、自律神経のバランスはますます乱れ、悪循環に陥ってしまいます。
ローヤルゼリーは自然界で最も多くアセチルコリンを含んだ食品なので、ストレスを減らし、興奮による自律神経失調症の症状をおさえる効果が期待できるのです。
ローヤルゼリーにはビタミン類も豊富に含まれ、自律神経失調症の症状である不安感も取り除いてくれます。
中でもビタミンB群は神経細胞の正常な機能を保つ働きを持っていて、特にビタミンB6は脳の神経伝達物質、セロトニンの合成に欠かせません。
セロトニンは精神の安定に関わり、気持ちを落ち着かせてくれる物質です。
不足するとネガティブ思考に陥ったり不安感を抱きやすくなったりと、気分の低下を招き、次第にうつ症状へと進行する場合もあります。
また、ローヤルゼリーには必須アミノ酸のトリプトファンも含まれています。
睡眠に必要なホルモンの分泌を促したり、ビタミンB6とともにセロトニンの原料となる成分です。
ローヤルゼリーに含まれるこれらの成分がそれぞれの作用を補い合ってくれるので、自律神経失調症の改善に大きな期待ができるといえます。

2-2.ホルモンバランスを整えて自律神経失調症を予防・改善
自律神経失調症は、ホルモンバランスの乱れでも引き起こされます。
ローヤルゼリーには女性ホルモンと同じ働きをする特有成分、デセンが含まれ、自律神経失調症の原因となる女性ホルモンの働きを補ってくれます。
女性は更年期の時期になると、様々な不調があらわれやすくなります。
また、生理や妊娠などもあるため、年代に関わらずホルモンバランスが乱れやすい傾向にあります。
そのため、ホルモンバランスの維持が重要です。
ローヤルゼリーを普段から取り入れておくことで、自律神経失調症の改善だけではなく、予防としても有効に作用してくれます。

2-3.ローヤルゼリーは自律神経失調症の予防と改善が期待できる
自律神経の乱れは男女ともにみられますが、特に女性の場合はホルモンの影響を受けやすく、また、人間関係が複雑になることも少なくなくありません。
その影響からストレスを抱え込みやすくなり、自律神経失調症になる傾向が高いといえるのです。
ローヤルゼリーには、女性の体調に働きかけてくれる栄養素が豊富に含まれています。
心や身体が少し疲れたなと感じ始めたら、ローヤルゼリーの栄養素を補って、元気を取り戻すきっかけにしてみましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.