banner

ローヤルゼリーの成分 ビタミンB1とは

1.ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1とは

天然の成分が豊富な含むローヤルゼリーには、ビタミンも多く含まれています。
その中の一つ、ビタミンB1は疲労回復効果で知られていますが、実はまだまだ嬉しい効果をもたらしてくれます。
それは意外な嬉しい効果もあるのですが、一体どんなものなのか、ご紹介していきます。

1-1.ビタミンB1はどんな成分?
ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、水溶性のビタミンB群の一つです。
糖質の代謝に関わり、主な働きとして

  • エネルギー産生
  • 神経細胞を正常に保つ

などがあります。
精神的ビタミンとも呼ばれ、体内にビタミンB1が多い人は穏やかな性格といわれるほど、高い精神安定作用を持っています。
また、疲れをとるために打つ、にんにく注射の成分としても使用されています。
米ぬかの中から発見され、明治時代に国民病とされた脚気(かっけ)を防ぐ成分として使用いられてきました。
糖質の代謝に関わるため、白米を主食としている日本人には欠かせないビタミンです。
ですが、熱に弱い性質のため、調理をすると30~50%ほどが失われてしまいます。
実は世界で初めて発見されたビタミンです。
ではなぜ「A」とつけられなかったのかというと、その後他のビタミンも次々見つかったことが関係しています。
脂溶性のビタミンを「ビタミンA」、水溶性のものを「ビタミンB」と名付けたという経緯に由来しています。

1-2.ビタミンB1が不足すると?
慢性的に不足した状態が続くと末梢神経に障害を起こし、脚気を発症する可能性があります。
食欲不振、疲労感などの症状があらわれ、対処せずにいると手足のしびれ、むくみ、動悸などの症状へ進行します。
さらに重症化すると心不全を起こす危険性があります。
現代ではビタミンB1不足に陥ることはほぼありません。
ですが、偏った食生活、清涼飲料水などの過剰な摂取がビタミンB1不足を招き、脚気を発症する場合があります。
中枢神経に障害をきたすと、ウェルニッケ脳症に陥る可能性があります。
症状として、目の動きが悪くなったり、無欲状態や意識障害、進行すると昏睡状態に陥り、重症化すると精神病などの症状があらわれます。
過剰な飲酒で陥るとされ、アルコール依存症との関係性が注目されています。

2.ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1の効果とは

ビタミンB1は糖質の代謝に関わることから、私たちの日々の活動に必要なエネルギーを作り出してくれる重要な栄養素です。
単体でも多くの効果を与えてくれますが、ローヤルゼリーに含まれることでどんな効果が生み出されるのか、みていきましょう。

2-1.疲労回復効果
ビタミンB1は糖質からエネルギーを作り出し、疲労回復効果を発揮します。
食べ物などから取り入れた糖質は、代謝されることでエネルギーが作り出されます。
ビタミンB1には糖を代謝、つまりエネルギーに変える働きがあります。
糖がうまく代謝されなければ、糖は肝臓に中性脂肪として蓄えられてしまいます。
脂肪が燃焼されないとエネルギーが作り出せないため、疲労を感じてしまうのです。
ですが、ビタミンB1が体内に充分存在していれば糖質が効率よくエネルギーに変換されるので、脂肪の蓄積を抑え、疲労を効率よく取り除くことができます。

2-2.神経機能を正常に保つ
私たちの身体は、脳から中枢神経や手足の末梢神経に指令が送られ、正常に動かすことができています。
そのためには、脳の活発な働きが保たれていなければいけません。
脳が活発に働くには、エネルギー源となる糖質が必要です。
ビタミンB1が糖質の代謝をサポートすることで、エネルギーが作られ、脳の活動を維持しています。
また、ビタミンB1自体も、神経伝達物質の作用を高める働きがあります。
神経細胞の伝達がスムーズに伝わることで、ストレスによるイライラや集中力の低下を予防・改善します。

2-3.美肌効果
ビタミンB1は新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを促進させてくれます。
古くなった肌の細胞は新陳代謝が進み、周期的に新しい肌に生まれ変わります。
ターンオーバーの周期は20代では28日、30~40代では45日、50代になると75日程度とされています。
ところが、加齢や肌の状態によってはさらに時間がかかってしまいます。
この周期を正常に戻して美しい肌を取り戻す効果に、ビタミンB1が一役買っているのです。
また、ビタミンB1はニキビの発生も防いでくれます。
体内に脂肪として蓄えられた糖質は、皮脂として染み出てニキビの原因になってしまいますが、体内にビタミンB1があると皮脂の分泌を抑制して、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。

2-4.ダイエット効果
ビタミンB1の糖質を燃焼させる働きは、ダイエット効果も生み出します。
ビタミンB1は、糖質を燃焼させてエネルギーに変えることは先ほど述べました。
糖質は効率よく燃焼されると、エネルギーへと変わります。
ところがうまく燃焼されなくなると、どんどん脂肪として蓄積されていってしまいます。
つまり、ビタミンB1が体内に充分にあれば糖質が脂肪として蓄えられる前に燃焼させることができるので、ダイエットにも繋がるのです。
糖質は運動すると燃焼されやすくなります。
ビタミンB1を効率よくダイエット目的で利用する場合は、運動も同時に行いましょう。

2-5.ローヤルゼリーはビタミンB1の効果を高めてくれる
ビタミンB1は単体よりも、他の栄養素と同時に働くことで効率的に作用します。
ローヤルゼリーにはビタミンB1をはじめとしたビタミンB群が豊富に含まれていて、糖質の代謝に必要な酵素の働きをサポートしてくれます。
酵素はタンパク質で構成され、糖質を分解する働きを持ちますが、酵素単体では機能できません。
そこで酵素の働きをサポートするのが、ビタミンB1の役割です。
また、ビタミンB1も酵素がなければ糖質を代謝できないため、お互いに助け合いながら作用しています。
さらにいえば、ビタミンB1が効果を最大限に発揮するには、他のビタミンB群などのサポートが必要です。
ローヤルゼリーにはタンパク質のもととなるアミノ酸と、その働きを助けるビタミンB群が豊富に含まれています。
さらにミネラルも含まれ、タンパク質・糖質・脂質の代謝を促進させてくれます。
これらの栄養素がそれぞれの働きを補うことで、私たちの健康は維持されているのです。
ビタミンB1の優れた糖質代謝作用は、多くの栄養素に支えられて生み出されています。
豊富な栄養素を含むローヤルゼリーは、糖質の代謝を効率よく促す健康食材なのです。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.