banner

ローヤルゼリーの成分 必須アミノ酸 メチオニン

1.ローヤルゼリーに含まれるメチオニンとは

メチオニンは、豊富な栄養素を含むローヤルゼリーの中でも、特に多く含まれるアミノ酸のひとつです。
名前を聞いたことはあっても、意識して摂取している方はあまり多くないかも知れません。
実は摂取する機会の多い栄養素なので、私たちは気づかないうちにその効果に支えられ健康体を維持しています。
ということは、不足すると健康面、さらには美容面でも放っておけない弊害に繋がります。
今回はローヤルゼリーに含まれるメチオニンはどんな役割を持っているのか、みていきましょう。

1-1.メチオニンってどんなもの?
メチオニンは体内では合成できない必須アミノ酸のひとつで、タンパク質の原料になります。
体内と肝臓で働き、それぞれで異なる役割を持っています。
体内では免疫細胞から分泌され、アレルギー反応に関わる物質、ヒスタミンの血中濃度を低下させます。
肝臓では毒素や老廃物を取り除き、代謝を促す作用があります。
水に溶けにくい脂質を溶けやすい形に変え、身体から排出されやすくする乳化作用も持っています。
また、水銀や鉛などの有害金属を体内から排出したり、脳神経や中枢神経への有害な金属の付着を防いだりと、デトックス作用を持つのも大きな特徴です。
他にも神経伝達物質として作用したり、育毛や発毛効果を生み出したりと、健康面や美容面でも効果を発揮してくれる栄養素です。

1-2.メチオニンが不足すると?
メチオニンは肝臓で担う役割が大きいため、不足すると肝臓の機能に衰えがあらわれます。
血中コレステロールの増加による動脈硬化や、利尿作用の低下によるむくみの他、抜け毛の症状も引き起こします。
特に日常的にお酒を大量に飲まれる方は注意が必要です。
飲酒量が多いと、メチオニンは大量に消費されてしまいます。
さらに、過剰なアルコールの摂取は頭皮環境を悪化させ、髪に栄養を行き渡らなくさせてしまいます。
メチオニンは、通常に食事を摂っていれば不足することはほぼありません。
ですが、小麦や豆類にはあまり含まれていないため、これらを中心とした食生活の方は他の食品で補っていきましょう。

2.ローヤルゼリーに含まれるメチオニンの効果

メチオニンは肝臓で作用する他に、神経細胞や免疫細胞、髪など、全身で様々な役割を担っています。
これらはローヤルゼリーに含まれていることで効率よく作用し、多くの効果を生み出してくれます。

2-1.肝機能の向上
メチオニンには肝機能を向上させ、代謝量をアップさせる働きがあります。
肝臓は一度全ての栄養素を取り込んで、全身に送る重要な臓器です。
そのため、老廃物などが溜まると機能が低下し、身体や脳に栄養素を効率よく送れなくなってしまいます。
メチオニンは肝臓に蓄積した老廃物を排除して、代謝量をアップさせる働きがあるのです。
代謝が高まると血中コレステロールの燃焼率が高まり、脂肪の蓄積を抑える効果も得られます。
また、乳化作用でも脂肪の燃焼を促進させるため、脂肪肝、さらに進行して起きる肝硬変、動脈硬化などの防止効果も高めてくれます。

2-2.うつ症状の改善
メチオニンは神経伝達物質の原料となり、うつ症状の改善にも効果を発揮します。
神経伝達物質のノルアドレナリンやドーパミン、セロトニンは、脳の機能を正常に保つ重要な役割を持つ物質です。
これらはうつ症状と関わりが深いとされているため、不足すると脳からの信号に異常をきたし、うつ症状を発症すると考えられています。
メチオニンはこれらの脳機能の維持に必要な神経伝達物質を作り、うつ症状の改善を促してくれます。

2-3.老化防止効果
メチオニンは細胞を活性化させる物質の働きや生成に関わり、老化を防止します。
老化の原因は、呼吸をすることで体内に発生する活性酸素が大きく影響しています。
大量に発生した活性酸素によって細胞が酸化した状態が、いわゆる老化です。
老化を防ぐには、活性酸素を除去する抗酸化物質の働きが必要になります。
メチオニンは、体内に存在する抗酸化物質、セレンを全身に運ぶ役割を持っています。
この働きによって活性酸素を取り除き、老化予防を促しています。
さらに、メチオニンはアミノ酸のアルギニン・グリシンとともにクレアチンを合成します。
筋肉全体の40%を占める割合で存在し、エネルギーの生成を促しています。
筋肉から作られるエネルギーは体力と深く関わり、不足すると体力低下の原因となります。
加齢とともにクレアチンの合成量が減少することから、メチオニンの働きはクレアチンのエネルギー生産量を高め、老化防止に欠かせないものといえます。

2-4.アレルギー症状の緩和
メチオニンはアレルギーを引き起こす物質、ヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状を緩和します。
花粉やダニなどが原因のアレルギー症状は、これらが体内に侵入すると、免疫細胞から分泌されるヒスタミンと反応して症状を起こします。
ヒスタミンは脳機能の維持に働きますが、血液中の濃度が高くなるとアレルギー物質に反応しやすくなります。
メチオニンは血液中のヒスタミン濃度を低下させる働きがあるので、アレルギーの症状を抑えることができるのです。

2-5.メチオニンの効果をローヤルゼリーがサポート
メチオニンは栄養を全身へ送る重要な臓器、肝臓の働きを高める作用を持っています。
そのため、私たちの健康維持に欠かすことができません。
肝臓の機能が高まると、栄養素が全身にスムーズに行き渡り、ローヤルゼリーの栄養素が効率よく身体に浸透していきます。
また、メチオニンはタンパク質を合成して、髪の原料の一部として使用されます。
ですが、美しい髪を育てるには他のアミノ酸も必要です。
ローヤルゼリーには必須アミノ酸・非必須アミノ酸がバランスよく含まれ、メチオニンが持つ髪の合成作用を強力にサポートしてくれます。
つまり、メチオニンはローヤルゼリーに含まれていることで、艶とハリのある美しい髪を作り出すことができるのです。
このように、メチオニンは美容面でも欠かせない働きを持っています。
今回ご紹介した効果を最大限に発揮するために、日々の生活にローヤルゼリーを取り入れていきましょう。

Copyright(c) 2013 Super Royal jelly. All Rights Reserved.